究極のチームワークが必要なスポーツ

つぶやき
07 /13 2017
突然ですが、皆さん
二人三脚って知ってますか?

2人で、右足と左足を
それぞれ縛って
歩いたり走ったりする運動。

ダブルダッチってあれに
何だか似ている気がするので
書いてみます。

例えばスピード種目がわかりやすいかもしれません。


跳んでいる人。
回している人。

それぞれ役割は違うんだけど
共通していえることは
誰ひとりとして、勝手に動かない。

勝手な速さで動かないということ。

これが結構難しくて
段々ロープが速くなったり
足が速くなったりすることはもちろん。

1人の回し役だけが速くなったり
跳ぶ役の人が遅くなったり速くなったり

野球、サッカー、バスケ
集団で行い、チームワークが必要な
スポーツは色々あるけれど

呼吸を合わせる、ペースを合わせるということが
どの集団競技よりもかなり重要だと思います。

1人だけ「スタープレイヤー」がいても
絶対上手くいかない。

そこに、さらにちょっとやそっとでは
上手になっていかない、「縄を回す」ということ。

究極のチームワークが必要なスポーツ。

引っ掛かるということを無くしていくために...
乗り越えていくために...

大事なことのもう一つはコミュニケーション。
20170429120333753.jpg



これがまた難しい。

「縄速くない?」
「足遅くない?」

チームを組んで活動すると
必ずこういった会話を耳にします。

この時に素直に自分のことをぶつけることが
とても重要そしてそれの伝え方も重要。

ダブルダッチは
技術的なことはもちろん
人間性がとても成長出来る競技といえます。

今後も沢山の子供たちにダブルダッチの
魅力を伝えていけるよう
活動していきたいと思います。

見ているお客さんは
その、足スレスレの通るか通らないか
わからないラインを間近で見て
成功したときには、プレイヤー同様に喜び
失敗したときには、何だか
残念な気持ちになる。

これもまたダブルダッチの魅力です。

※スピード種目とは、制限時間内に
駆け足跳びを行い何回跳べるか?を競う種目のことです。
関連記事

clover