人事異動のシーズンですが、ダブルダッチの裾野を広くするとはどういうことかぼんやり考えてみた。

つぶやき
03 /22 2016
こんばんは。
突然ですが
そろそろ新年度。
人事異動の辞令が出る頃ですね。
お世話になった人が
変わっていってしまうので
少し気持ちが寂しいです。

4月1日からは、会社や学校など
環境が大きく変わります。

1月1日の元旦よりも
なんだか気持ちとしては
新年度のほうが
「新たに!」という思いが個人的には強くなります。

こんな時期ですが
もちろん、スクールでも
入れ替わりがあります。

学校生活が新しい環境になるため
スクールから卒業する生徒さんや
新学年になり、ダブルダッチを始めるという
生徒さんも増えるのもこの時期です。

今まで在籍していた生徒さんと維持してきた
クローバーのいいところを残しつつも
新しい生徒さんが入って新しい風がふきます。
チームの編成も考えるのもこの時期は多いですね。

スクールとして始まって7年目
1年目を思い出すと、今では信じられないくらい
レッスンの内容。雰囲気なども変わっていますが
その方向。方針について来れなくなってしまい(教室の性質が合わなくなり)
過去には入会した方で当然やめてしまう子もいました。

そのたびに、もう少しこうしておけば
全員が楽しめたな。辞める必要はなかったかな?
など反省点が出てきます。

それでも、方針として譲れないものがある場合。
そういうことに繋がります。

せっかく興味をもってくれて
始めたのだから当然続けて欲しい。

・始めたからには、一生懸命取り組んで欲しい。
・「ここまで」は頑張れないよ。

そのお互いが納得したバランスを取るのがとてもむずかしいです。

そんな時に、よく耳にする
裾野を広げるというのをふと考えてみました。

そもそも何をもってダブルダッチの普及と呼ぶのか。

例えば
東京ドームで野球観戦をしている人の
何人が実際 週に1度野球をしてるのだろう。
何人が観戦専門だろう。毎日部活でやっている学生は何人だろう?
野球選手(プロ)も見に来ているかも。

そんなことを、かとぅーさんと話したことがあります。

教室という名が付いている場所の性質上、
技術向上が一番の目的となります。
「こんなはずではなかった。」
とやめることになってしまう子がいるのは当然。

みんなでダブルダッチをそのものを楽しむ。
ダブルダッチクラブがもっとあってもいいと思うし
野球観戦のようにダブルダッチ観戦が出来る場所があってもいいですし。

ダブルダッチの携わり方は人それぞれ。
楽しみ方も人それぞれ。
モチベーションも人それぞれ。

それぞれ好きの性質の違う子供たちが
楽しめるようなコミュニティーが
今後、増えていくように
働きかけをしていかなきゃなーと
思いました。

人事異動から大きく話はそれましたが

新しい環境へ旅立つその子たちが
これからも頑張っていけるように応援します。

この写真は日曜レッスンラストの時の集合写真です。
9528.jpg
この日から、参加人数の関係上
日曜日の練習は完全に閉鎖となりました。

とにかく今は目の前にいる
生徒さんと真剣に向き合うのみ!ですね。

がんばっぺー。

おやすみなさい。

◆◇◆◇◆
LINE@
出来ました!
東海地方(主に愛知県)の縄跳びイベント情報を
配信しています!

登録はこちら!
http://line.me/ti/p/%40nho0033u

LINE@コード
◆◇◆◇◆

Clover is Japanese Double Dutch School & Performance team.
ダブルダッチスクールクローバーは
名古屋市名東区 愛知県瀬戸市
岐阜県多治見市 大垣市の4箇所にて
ダブルダッチ教室を開講しています。

通常のダブルダッチレッスンはもちろん
東海地方を中心にお祭や商業施設などで
パフォーマンスを行っています。
沢山の方にダブルダッチの魅力が
伝わるように活動しています。

【Website】 
http://clover328.com/

【Facebook】
https://www.facebook.com/clover.dd

【ダブルダッチグッズ 】
http://clover328.com/information.html

【YouTube】
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=hayatenawa

【Contact】
info@clover328.com

【ダブルダッチのコツ YouTubeで公開中!】
関連記事

コメント

非公開コメント

clover