縄跳びが苦手ですがダブルダッチは出来ますか?

ダブルダッチQ&A よくある質問!
03 /01 2015
質問
・縄跳びが苦手ですが
ダブルダッチは出来ますか?
(入会時によく頂く質問です)

回答
ダブルダッチが上手に出来ている
という基準が曖昧ですが
ロープを跳ぶ。縄を回す。
という基本的なことであれば
縄跳びが苦手であっても
十分可能です。

縄跳びとダブルダッチの違いは
なんといっても1人でやるか?
複数人でやるか?
の違いだといえます。
ダブルダッチは、縄跳びと違い
回している時は、回すことのみを
跳んでいる時は跳ぶことのみの
動作を行うために、
普通の縄跳びよりも難易度が
比較的に優しいように思います。
縄跳びは、跳ぶこと。回すことを
全て自分で行い。2つの動きを
同時に行う技がとても多く複雑です。

近年では、ダンスや体操の動きを
使ったパフォーマンスが増えて
運動神経がいい子がやるイメージがありますが
講師 岩原豪は高校卒業まで
2重跳びは出来ませんでした。
入会の時に必ずこの話をしますが
誰も信じて頂けませんが真実です(笑)
体操の動きも23歳を超えてから
練習しはじめて
パフォーマンスに取り入れています。

もちろん、嘘を書くのはよくないので
本当のことを書くと、1人の縄跳びの動きを取り入れた
トリックがあることもあることは事実ですし
出来ないより出来たほうがいいでしょう。

「考え方の一つですが、
出来ない。苦手。だと、どんなスポーツもやらないのか?という話です。」

ダンス・体操・縄跳び
様々な動きを取り入れる運動が
ダブルダッチです。
パフォーマンスに限らず
競技としてのルール(いくつか種目がある)もあり
スポーツ性も高いのが特徴です。

通常のレッスンでは、ダブルダッチの練習がメインですが
チームを組んだ場合は、ダンスやアクロバット
縄跳びの動きをレベルに合わせて個別に指導しています。

レッスンは、複数人で一つの動きを練習していきます。
周りの仲間のこと考え。思いやりが持てる子、
協調性のある子の参加をお待ちしています。

ダブルダッチの基本は縄跳びが得意か苦手か?にあるのではなく
跳ばしてあげよう。跳んであげよう。の
思いやりにあると思います。

※この回答はクローバー独自の回答となり
他団体、活動地域により変わります。
ダブルダッチを始めるにあたって
参考程度にして頂けると幸いです。
よく頂く質問の中から抜粋して
掲載しています。
次回のQ&Aもお楽しみに!
関連記事

コメント

非公開コメント

clover